絶対隠せないアゴと口周りのニキビが目立つは沁みるはでずっとコンプレックスでした

思春期の頃はまったく無縁だったニキビでしたが、成人してから大人ニキビにずっと悩まされていました。
お化粧を本格的に始めたことや仕事でのストレス続き、乱れる生活習慣に食生活と全てが原因だったのでしょう。

 

私の場合、ニキビができるところはいつも決まっていて、おでことアゴ、口まわりがばかりです。
治ったと思ったら再発し、ニキビ跡とニキビですっかり自慢のお肌が汚くなってしまったのは、もう思い出したくない経験になります。

 

友人から「口に何かついているよ!」と指摘されました。それは「ニキビ」です!

 

おでこのニキビはまだ前髪で隠せるからいいのです。
コンシーラーで色を抑えてお化粧をすれば何とか誤魔化せます。

 

ただ、口元のニキビはとにかく痛いし目立つんです。
いつまでもマスクをしているわけにもいきませんし、マスクをしっぱなしでは中で蒸れてしまってニキビが痒くなりますし、赤みまで酷くなるし最悪です。
かといってコンシーラーで隠すのには限界がありますし、ニキビの突起は誤魔化せません。
そのまま晒すのも恥ずかしくて、ニキビに悩んでいた頃は自分に自信を持てませんでした。

 

それに、物を食べる時にもとても気を使います。
汁物を食べた時に汁が飛んでニキビにつけばこれがまた痒いですし、酷いときには口を動かすだけでも痛いんです。
毎食ごとに口周りを洗ってメイクしなおして薬を塗ってと本当に大変でした。

 

口元って意外に人目につきますし、一緒に友人と食事をしている時に「口に何かついているよ」と指摘されてそれがニキビだった時には友人も間違いに気づいて笑っていましたが深く傷つきました。

 

こうなったら絶対にニキビを治してやると思って生活を改め、メイク道具を一新してナチュラルなものに変え、それから半年ほどして効果が出たのか再発しなくなり、今ではすっかり綺麗になりました。
それ以来、もう二度とニキビは作るまいとスキンケアとにかく力を入れています。
ニキビの赤ちゃんである白ニキビができようものなら全力で排除する姿勢です。