ニキビ顔を見せたくない!温泉旅館での悲しいお泊まりデート

10代の頃から20代前半にかけて、繰り返しできるニキビに悩んでいました。

 

サプリや化粧品を試してもなかなか治らず、社会人になってもコンプレックスのまま。
お化粧もし始めましたが、赤みが目立つ為、肌色のニキビ用クリームを塗ってごまかす日々でした。

 

その頃、友達に誘われた合コンで、いいなと思う男性に出会いました。
何度かみんなで遊びに出掛け、そのうちに2人で遊ぶようになり、いつしか自然な流れで付き合うようになりました。

 

初めての彼氏にドキドキの日々です。
おしゃれにも気を使っていました。

 

しばらくたった頃、2人で旅行に行くことになりました。
彼氏がとっても乗り気で、私は素顔を見せるのが不安だったのですが断り切れず、結局行くことになりました。

 

泊まったのは風情のある温泉旅館。
一緒にお酒を飲んで、食事をして、ニキビなんて忘れるぐらい楽しい時間でした。

 

現実へと彼を引き戻す瞬間

 

「じゃあ、寝る前に温泉行こっか」
そう言って、大浴場の前で待ち合わせの約束をしました。

 

不安だったけど…「仕方ない!」
私は温泉に入り、メイクを落とし、意を決して彼の待つ場所に向かいました。

 

そして彼の第一声、
「えっ、肌荒れてるね、痛そう」
ガーン、ガーン、ガーン…です。

 

別に優しい言葉を期待してた訳じゃないんですけど、はっきり言わなくても…。
まだまだハートがデリケートだった私はテンションダウン。
そんな私を見てか、またはそんな私のお肌のせいか、彼のテンションもダウン。

 

結局ぎこちない旅行になり、盛り上がらぬまま解散。
恥ずかしくて、切なかったな。
その後すぐ、彼とはお別れしました。

 

それからの私は変わりましたよ。
ニキビケア専門のサロンに週2日通い、体にいいと言われる水を飲み、1年後にはニキビのできにくいピカピカのお肌になりました。

 

結構お金かかっちゃいましたけど。
そのあとまた彼氏ができたし、まあいい経験でした。
今では鉄のハートを持つ女になりました。